1. TOP
  2. 製品情報
  3. EDR-VS8/VS10|分注装置

EDR-VS8/VS10|分注装置

分注装置 EDR-VS8/VS10

マルチチャンネル可変ピッチサンプリング装置

分注装置 EDR-VS8/VS10
  • 分注装置 EDR-VS8/VS10
  • 分注装置 EDR-VS8/VS10
  • 分注装置 EDR-VS8/VS10
  • 分注装置 EDR-VS8/VS10

検体サンプリング・試薬分注

¥8,400,000~

  • ニーズに合わせて8chモデルと10chモデルの両モデルから選択
  • 用途に合わせてプレート、チューブラックなどの様々な容器をレイアウト可能
  • 温調ユニット、バーコード読み取り機などの機器もレイアウト可能
  • 分注ヘッドはエアーギャップの少ない方式を採用、高精度の分注が可能(10~1200μL)
  • 各種センサーによりチップの装着確認、液面検知、吸引異常検知をリアルタイムに実施
  • 処理速度は1000検体/時間(8chモデル)

導入実績分野

細胞

細胞

臨床検査

臨床検査

食品検査

食品検査

診断薬製造

診断薬製造

主な仕様

分注方式 8ch/10ch独立シリンダー方式
分注量 10~1200µL
対応プレート 各種96ウェルマイクロプレート、ディープウェルプレート、PCRプレート
1.5mL/2.0mLマイクロチューブ、採血管 遠沈管 他
分注精度 時間1000検体/時間(8chモデル)
正確度 100μl±2µL
ピッチ可変範囲 9~25mm
電源 AC100V 50/60Hz
制御 専用PCソフト(VS)
外形寸法 W1400mm×D900mm×H1200mm
重量 約190kg

よくある質問

Q処理能力はどのくらいですか?
A8chで1000検体/時間になります。(液面検知無し・毎回チップ交換でのサンプリング速度、但し分注条件により異なる)
Qカバーはありますか?
Aオプションにて、付けることが可能です。へパフィルター【有り】【無し】も選択可能です。
Qエラー検知はありますか?
A吸引時には次の場合に検知します。
①完全空吸い(最初から液が無かった場合)、②途中空吸い(液が不足していた場合)、③ツマリ検知(チップ先端が詰まった場合)
その他、チップが無かった場合、ジャミング(衝突)が発生した場合に検知します。
Q吸引時のエラー検知方法は?
A圧力検知となります。(カーボンチップ等は使用していません)
QPCは専用?
A処理速度に影響する為、専用PCを当社で用意しております。

製品画像

チップラック・チップ廃棄部

チップラック・チップ廃棄部

1200μLのチップが任意の数セットが可能

使用後のチップは廃棄フォークで外してワークエリア外へ廃棄

チップラックの配置は自由にレイアウトが可能

ワークエリア

ワークエリア

標準的なマイクロプレート台で24ステージ分を用意

プレート台は分注方向に合わせて縦横自由に配置可能

ワークエリアのレイアウトを視覚的にとらえて動作パターンを作成できます

エリア内には各種ユニット、オプション機器が設置可能

ソフトウェア

ソフトウェア

動作制御は専用ソフトによるPC制御となります

ワークエリアのレイアウトを視覚的にとらえて動作パターンを作成できます

プレートなど容器情報を登録、利用することでヘッドの移動・アクセス高さを自動計算し、安全でスムーズな動きを可能とします

様々な液質に対応、マニュアル操作に近い分注動作を再現できます

ニーズに合わせたレイアウトの画面も製作できます(オプション)

サービスコンセントと外部通信ポート

サービスコンセントと外部通信ポート

本体側面にはサービスコンセント(ソフトからON/OFF制御)と外部通信ポートを配置

10ch可変ピッチ(1)

10ch可変ピッチ(1)

10ch可変ピッチ(2)

10ch可変ピッチ(1)

10ch可変ピッチ(3)

10ch可変ピッチ(3)

プレート縦置き

プレート縦置き

プレート横置き

プレート横置き

アロカラック

アロカラック
 

新型コロナウイルス検査の自動化を
ご検討の方へ!

前処理自動化製品のご紹介

バイオテック製品・OEM製品について
お気軽にご相談ください

  • 用途に合った分注装置を教えてほしい
  • デモ機の貸し出しについて相談したい
  • OEMに関する相談がしたい

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3816-6931

受付時間 9:00~17:30(土日・祝日除く)

カタログ一覧